越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
料理に彩りを添えてくれる「サヤインゲン」。1年に3回収穫できることから、三度豆や四季豆とも呼ばれています。
サヤインゲンにはβ-カロテンと言う成分が豊富に含まれています。
β-カロテンは体内でビタミンAとして働く作用があり、目や皮膚の粘膜を健康に保ってくれます。
また、アスパラギン酸と言う成分も含まれています。アスパラギン酸は疲労回復やスタミナ増強に効果があり、夏バテなどで疲れた身体を回復してくれます。
サヤインゲンのへたと筋を取り、適当な大きさに切ります。
れんこんは皮を剥き、半月切りにし水にさらします。
汁気がほとんどなくなったら、白ごまを混ぜ合わせて完成です。
サヤインゲンは常温だと劣化が進んでしまうので、冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに使い切りましょう。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
フライパンに油をしき、サヤインゲン、れんこんを入れ炒めます。
火が通ったら、越のむらさき醤油、だし汁、砂糖、みりんを加え煮立たせます。
今回は旬のいんげんを美味しく食べれる、簡単レシピをご紹介致します。