実は春と秋が旬の「しいたけ」。
旬のしいたけは、味、香り、栄養全てが抜群です!
秋に旬を迎えるイメージが強い「しいたけ」。実は春にも旬があります。春の旬は3〜5月、秋の旬は9〜11月になり、年に2回も旬を味わえます。
春に収穫されたしいたけを「春子」と言います。寒さの中で旨味成分を蓄えていて、味が美味しいのが特徴です。秋に収穫されたしいたけは「秋子」と言い、香り豊かな為、焼いて調理したり干したりするのがおすすめです。
しいたけには健康の源となる栄養素が含まれています。
日光に当たるとビタミンDに変わるエルゴステロールと言う成分が含まれており、カルシウムの吸収を良くする働きがあります。
その為、カルシウムを含む食品と一緒に摂取することで、骨粗鬆症の予防になります。
日々の食事に取り入れ、自分の体と向き合いながら健康な体づくりを目指しましょう!
3・オーブントースターやグリルなどで5〜6分程焼きます。
2・マヨネーズを塗り、その上にとろけるチーズをのせます。
4・器に盛り付け、パセリを散らしたら完成です。
1・しいたけの石づきを切り取ります。笠の内側に越のむらさき醤油を垂らします。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき